ドアを引き戸にするメリットについて

最近では、高齢になった場合に備えて、バリアフリー設計にして引き戸を付ける家庭も多いようですが、バリアフリーを抜きにしても引き戸のドアはおススメです。我が家では、玄関のドア以外は全て引き戸にしました。引き戸のドアは、何となくダサい、古臭いといったイメージがありますが、最近ではお洒落なデザインの引き戸がいろいろあります。引き戸のメリットは、ドアの開閉スペースが不要なので、ドア付近にも家具を置くことができる、開け閉めが楽で音も静か、換気などでドアを開けておきたい時の調整がしやすい等、メリットがたくさんあります。思った以上に便利です。引き戸にして特に良かったと思う場所がバスルームです。バスルームは脱衣用のカゴや体重計など、モノを置くことが多い割には狭いので、引き戸にしたことでスペースを有効に使えています。残念なのは、子供部屋に取り付けたクローゼットは、幅の関係で観音開きになっていることです。クローゼットのドアも引き戸にした方が何かと便利だと思います。